C11「100」

100     「100」を描いてください。     手法:ドローイング 体裁:275×275mm  5 枚以上 100 枚以下 スケジュール: 出題:2018 年 12 月 19 […]

Read More C11「100」

C10「玄人のレディメイド」

「玄人のレディメイド」 「日本では、人が年老いて最後にたどりつく趣昧は石だと言われている。–ただの石、自然のままの石が玄人の眼にはすでに出来上がった彫刻なのである。」 「自然石と向き合っていると、石が話をはじめるのですよ […]

Read More C10「玄人のレディメイド」

C7「こころ」

    夏目撤石の『こころ』(1914) は、日本国内で最も「売れた」小説であるらしい。国語の教料書にも取り上げられる程で、知らない人の方が少ない小説であるが、その内容は難解である。漱石『こころ』の連 […]

Read More C7「こころ」

C5「RE/PLAYTIME」

都市の中にあるべき「PLAY」のための形もしくは場を立体として表現してください。   提出物:立体物 出題:11/7(水) 提出:11/14(水) 講評:11/21(水)     出題:小林 […]

Read More C5「RE/PLAYTIME」

C4「発酵」

腐食でもなく、乾燥でもなく発酵している。その発酵するための発酵種を身近な空間から探し、描く。   出題:10/24(水) 提出:11/7(水) 出題:植村         […]

Read More C4「発酵」

C3「三四郎の「雲」」

『三四郎』(1908)は夏目漱石が朝日新聞社に入社して職業作家となってから3作の長編小説であり、柄谷行人曰く「単純な線でデッサンされた人間群像」と評される、大学入学を機に熊本から上京した主人公三四郎を取り巻く青春群像劇で […]

Read More C3「三四郎の「雲」」